ランクル80とカーオーディオのブログ

このブログでは、ランクルとオーディオ好きなオヤジが気ままに書いているブログです。

ドアの中の調整

こんばんは。

ランクル80とカーオーディオ好きなオヤジです。

 

前回、ドアのバッフルの調整の話をさせて頂きました。

おかげで、音の響きも良くなり、毎日気持ちよく音楽を聞けています。

 

でも、もう少しツイーターとのつながりと言うか、抑揚感と言うか

更なる気持ち良さが欲しくなりました。

 

と言う事で、今回もこれの登場です。

今までは、この位置と傾きです。

f:id:opel_monterey:20211009223106j:plain

今は、傾斜を付けて背圧の逃げを拡散させていますが、以前は

傾きもなしでまっすぐにしていました。

ただ、そうするとスピーカー周りからの音の離れが無く、音が溜まって

いて、少しこもったような感じにも聞こえたので今は、傾けてあります。

 

で、修正後の位置です。

f:id:opel_monterey:20210920003150j:plain

傾きは大きく変えずに、全体的に10ミリほど下げています。

この事で、スピーカからも距離が離れるので、背圧の逃げも

逃げやすくなり、ツイーターとのつながりも変わります。

 

で、バッフルやスピーカーを戻して試聴すると、、、

明らかに低音の響きも良くなり、ツイーターとのつながりも

良くなったので、嫌なキツさも低減され更に聞きやすくなりました。

 

しばらくは、これで聞きこんでいきます。

ちょっとした事ですけど、調整で音色が変わるのも楽しいし

音楽を聞く楽しみ、運転をする楽しみは最高ですね!

 

ちなみに、今回、位置の調整をした通称「ピンク」ですが、

縦方向に溝が掘ってあります。

この溝の位置でも、音色は変わります。と言うか、上下方向、傾き

だけでなく、前後位置でも背圧の逃げを変えることができます。

 

デットニングの中でもスピーカー裏の処理は重要だとおもいます。

この、商品はおすすめです。

 

以上です。