ランクル80とカーオーディオのブログ

このブログでは、ランクルとオーディオ好きなオヤジが気ままに書いているブログです。

サブウーファーのアンプについて その2

こんにちは。

ランクル80とカーオーディオ好きなオヤジです。

いつも、ブログを見に来てくださって

ありがとうございます。

 

今回は、サブウーファーのアンプについてです。

 

以前の記事で、現状のサブウーファーの音について

お話ししました。

その中で、他の常連さんとの聞き比べ、LUXMANでの設定、

サウンドナビ側での設定などの、お話しさせていただきました。

 

で、一度アンプを手持ちの物に交換と言う事です。

今回使うアンプはこれです。

ALPINEの2CHアンプです。

3548と言う型番で、60W✖2CHのアンプです。

 

MONOモードでも使えるし、入力でL+Rと言うモードでも

使えるアンプです。

 

実は、20年以上前のアンプで、ALPINEがJubaシリーズを

販売している時代のアンプなんです。

正直、古すぎて大丈夫かなと思いましたが、使ってみること

にしました。

 

取り付けた感じは、こんな感じです。

ちょっと無理矢理に取り付けている感じもあり、配線も

ゴチャゴチャして見た目は悪いですが、良さそうであれば

整理する予定です。

 

で、取付後に早速試聴です。

結果は成功です。音の種類が明らかにLUXMANの時とは

変わりました、と言うか力強い音に変わりました。

アンプの変更は成功です。

アンプの変更だけで、ここまで変わるとは思いませんでしたし

20年以上前のアンプで元気になってくれるのは嬉しかったです。

 

音の種類が変わったことで調整は必要になると思います。

調整の話は次にさせて頂きます。

 

今回はここまで。

以上です。

 

ALPINEのバックランプを使っていますが、ALPINEのカメラって

映像が綺麗ですよね。