ランクル80とカーオーディオのブログ

このブログでは、ランクルとオーディオ好きなオヤジが気ままに書いているブログです。

メーター内のシフトインジケーター交換時のミス

こんばんは。

ランクル80とカーオーディオ好きなオヤジです。

いつも、ブログを見に来てくださって、

ありがとうございます。

 

今回は、前回お話ししたシフトインジゲーター内の

交換時のミスについて、お話しします。

 

LEDを交換後、ある日、出掛けようと思いエンジンをかけよう

としたら、セルモーターが回らず、エンジンがかかりません。

何故だ?と思い、いろいろ調べました。

 

メーター関係、エアコンも動きません。

オーディオやウインカーは動くので問題ないです。

と言う事は、ヒューズ?

 

運転席のダッシュボードのヒューズを目視で全て確認問題なし。

エンジンルームも同じく目視で確認して問題ありません。

 

今度はテスターを使い、ヒューズを確認するとメータの所だけ

テスターの数値がおかしいです。

あらためて目視でよく見ると完全に切れておらず、少し焼けている

状態でした。

これか?と思いヒューズを予備の物に交換。

その後、再度エンジンをかけたところセルモーターも回り

無事にかかりました。

良かったぁ。

原因としては、交換時には気が付かなかったですが、LEDの隣同士で

一度、軽くショートをさせたようです。

写真は無いですが、LED同士の距離が近く取付の所では隣同士で

ほぼ当たっています。

その時に隣同士の配線が、軽くさわりヒューズが飛んだようです。

 

ただ、ヒューズもすぐにダメになったのでなく、しばらくは

良かったのですが、突然動かなくなったのは、びっくりしました。

 

とは、言うものの自分のミスなので、交換作業は慎重に行うべきだと

改めて、思いました。

 

作業は自己責任で、気を付けましょう。

 

以上です。

 

何かあった時のための予備で持つのは大事ですよね